松屋製麺所について

松屋製麺所のコンセプト

― 自然を楽しむ・自然を味わう・自然と営む ―

ご自宅で、「美味しく、手軽に、体にやさしいらーめんを食べてもらいたい」、
仕事に当たっては「心にも体にも良い環境で、規則正しい生活を行いながら、製麺所を営みたい」、
この想いを元に、自然豊かな筑波山麓にて、「松屋製麺所」を開始しました。

身体に良く健康に良いラーメンは創れないのか、という問いから、つくば市農業課とJAひたちの農協など各方面の方々とのマッチングをおこないました。その結果、小麦(ユメシホウ)などの地産農産物を提供していただき、化学調味料なしの麺、インスタントタイプのスープを開発しました。

豊かなつくばの自然の恩恵をうけ、働く人もお客様も幸せ、健康になれる環境をつくりだす。それが、「松屋製麺所」のコンセプト、「ー自然を楽しむ、自然を味わう、自然と営むー」なのです。

ご自宅で、おいしく、簡単に。
身体にもやさしい「松屋製麺所」のらーめんを、ぜひご賞味ください!

松屋製麺所 川村 能功


店舗について

「自然あふれる環境で製麺所を営みたい」―その想いから、イメージにマッチした物件をさがし、筑波山麓にある、大正時代に建てられた築百年のみやげ物や、「松屋」に出会いました。
地域に親しまれた「松屋」の屋号をそのままいただき、地元職人の方々(左官、石工、建具、大工、板金、鉄工など)の技術により、大正時代に造られた空間、梁や土壁、碍子の電線などをできるだけ崩さずリノベーションしました。特に、店舗外観の大きな特徴である「屋根看板」については、その形状、基底材ともにそのまま活用しました。昔ならではのつくばの店舗建築を観て楽しむことも出来ます。
「製麺所」と、「らーめん」の暖簾をくぐると、中で同スペースになっており、お客様が麺をお買い求めになる際、製麺作業を見学することができ、さらにその場でらーめんを食することも可能となっています。


いばらきデザインセレクション2015

いばらきデザインセレクション2015
テーマセレクション部門「食の彩」
知事選定

いばらきデザインセレクション」は、茨城県の優れたデザインを選定しPRすることで、茨城県の地域イメージを高め、産業振興につなげていく取り組みです。
「松屋製麺所」の店舗デザイン及びブランディングと、地粉を使った無化学調味料生麺は、「いばらきデザインセレクション2015」のテーマセレクション部門「食の彩」で、知事選定をいただきました。

・総合ブランディング及び店舗デザイン施工:株式会社フロッグ 川村博紀
・写真:松崎シンイチ
・グラフィック・ウェブデザイン:クマノグラフ